成分を見て!ドラッグストアの石鹸が加齢臭対策できないクチコミがある理由

加齢臭に悩む人が購入するのに楽なのが「ドラッグストア製品」。洗剤などを買うついでにドラッグストアで加齢臭用の石鹸やボディーソープを買えるならありがたいものです。ただ、「ドラッグストアの石鹸じゃ加齢臭改善には効果がなかった」と書かれているクチコミもあります。一般的なドラッグストアの製品で、加齢臭対策のノネナール対策をしようと思うと、洗った直後はいいものの、その後にどうしても体臭がしてくる場合もあります。

例えば、有名製品の「デ・オウ」を例に出してみましょう。これを使って効果があった、なかった、両方のクチコミがあります。その差はどうしてでしょうか。

結果を先にお話しますが、デ・オウ「薬用クレンジングウォッシュ」で効果があった人は、成分の「炭」が合っていたといえます。

「殺菌」、「加齢臭までニオわない」の文字が目立ちますが、注目すべきなのは「吸着炭」の文字、成分です。デ・オウの「薬用クレンジングウォッシュ」では殺菌成分として炭が入っていて、これが合うと加齢臭に効果があり、原因が別だったり、炭が合わなかったりすると効果がなかったクチコミとなります。

・雑菌を抑えることができるか
・皮脂の酸化を防ぐことができるか

の2点が重要で、消臭できる有効成分が自分に合うかどうかが重要です。

よくある加齢臭対策製品には

・茶葉エキス(緑茶エキス)
・シャクヤク根エキス
・ユーカリ葉エキス
・クマザサ葉エキス
・柿渋タンニンエキス

などが配合されています。有効成分は1種類のこともありますし、数種類が配合されていることもあります。そして、これに香料が配合されていることもあります。これらのうち、自分の相性もあり、「〇〇が自分に合っていた」と考えて使っていくのがいい方法です。

一般的な加齢臭対策を考えないボディーソープだと、香料のみが配合されていて、結局のところ身体を洗った後の殺菌成分は配合されていません。加齢臭のノネナールを撃退するには相当の成分の入った製品を使わないと意味がないと言えるでしょう。

また、ボディーソープを使って身体からの加齢臭が対策できていても頭皮が洗えていなくて髪の毛から加齢臭がする場合もあります。髪の毛の表面だけ洗っていて、頭皮をしっかり洗えていないケースは多いです。顔からの加齢臭のこともあります。サラリーマンの人で外勤だと、夏の暑い日は外出することで汗臭・加齢臭がしたりも。頭皮からのニオイの場合は加齢臭専用のシャンプーやプレシャンプーを使う、顔の場合はフェイスウォッシュを使って対策する方法があります。

 

ドラッグストアの製品が効果が薄いわけではないですが、通販で売られている加齢臭対策製品は有効成分がはっきり明記されていて、数種類の有効成分が複合的に配合されている場合もあり、加齢臭対策を早めにしたいのなら値段が高くても専用製品を買ってしまうのもおすすめです。