体臭をごまかして柔軟剤はキケン!スメルハラスメントって?

加齢臭は年齢によって増加します。汗のニオイが酸化して発生する「ノネナール」の成分が体から発散されます。でも、どうしても予防しにくいものです。ボディーソープを使ってみたり、制汗シートやロールオンタイプの汗防止アイテムを使ったりするものですが、それでも無理な場合はどうしたらいいでしょうか。

最近、柔軟剤をつかって衣服に香りをつける方法が注目されています。洗濯ついでに柔軟剤を入れておくと、衣服に香りがついて、汗をかいてもいい香りになるというCMを見たことがあるのではないでしょうか。ですが、これ、スメルハラスメント=スメハラになってしまう危険性もあります。

以前はスメルハラスメントといえば香水でした。ほか、住宅街のバーベキュー、マンションのベランダでのたばこを吸う「ホタル族」もあります。それらに、数年で加わってきているのが柔軟剤。強い香りが洗濯物から空気をつたってやってくるほか、衣服についたいい香りが他の人にもいい香りとは思えずに「臭い」と言われるようになってきています。

というのも、ニオイの好みは人によって違うからです。体臭、口臭などのニオイはもちろんですが、自分でいい匂いと感じていても周囲の人にはいい匂いと認識されなかったら意味がありません。香水の好みが人それぞれなことからも、ニオイの好みがそれぞれで違うことも理解できますね。

そして、スメルハラスメントによくあるのが

・体臭や口臭、加齢臭を柔軟剤でなんとかしようとする → ニオイが倍増してしまう
・自分自身で香りがそこまでしていると思わない → ニオイの「順化(じゅんか)」といいます

があること。体臭と柔軟剤の香りが混ざってしまうと、いい香りが複雑な香りになってしまうことも。体臭は柔軟剤では消えません。また、ほんのり香る程度ならいいのに、柔軟剤の量を多く使ってしまうことでニオイの順化(じゅんか)の症状に。もっとたくさん柔軟剤を入れないと香らないと感じるようになります。

narinari調べでは、「好みの香りが楽しめる柔軟剤」ランキングを実施。

1位 レノアハピネス
2位 ソフランアロマリッチ
3位 ダウニー
4位 レノアプラス
5位 香りとデオドラントのソフラン
6位 フレアフレグランス
7位 ハミングフレア
8位 フローラルハミング

でした。ランキングを参考にしながら、好きな香りを選んでみるのもいいですね。

 

そして、スメルハラスメントをしているかもしれないと感じるのなら、赤ちゃん用の無添加柔軟剤に変えてしまうのも方法のひとつです。

無添加・無香料のことも多い赤ちゃん用無添加柔軟剤。香りが強いと一般的には思われているダウニーだって無添加の柔軟剤「フリー&センシティブ」があります。また、くまのキャラクターで有名なファーファも、おむつ肌着用柔軟剤として無香料製品を出しています。また、クエン酸を使うと柔軟剤を手作りすることもできます。